曲がらないスイング

アルバトロス・ビュー 第754号の特集にあった、「曲がらないスイング」。ゴルフでは飛距離も大切ですが、やっぱりボールコントロールも大切ですよね。

そこで記事を読んだまとめを書いておきますね。


トップを低く

まっすぐボールを飛ばすには、トップを低くすること。
手元を低くすることでボールコントロールしやすくなる。

右肩と左腕が同じくらいの高さ。
このくらいが目安だそうです。


なぜトップを低くすると、両腕を均等に使えます。
するとクラブを斜めに自然に振ることができるからです。
両腕が伸ばせばいいので、微調整が不要になるからですね。

 

なぜクラブを斜めに振るとよいのか?
それは、クラブは斜めに振るように設計されているからです。
※ゴルフコーチの宮崎太輝さんのコメント。

 

つまりトップを低くすると斜めに無理なくゴルフクラブを振ることができる。
その結果、狙った位置で自然にインパクトできるんです。
もちろん身につけるには練習が必要ですが、意識してみるといいですね。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください


仕事の関係でゴルフコースやギアの情報を集めるうちにゴルフにハマった、ゴルフオタクです。ゴルフコースのレビューをみて、コンペやギアの使い勝手を想像したりする妄想癖あり。

 

 

 

 

 





骨格ゴルフ
ページトップへ